日本の最新情報

プロ野球界に「エリカ様」降臨 広島大型ルーキーが「喧嘩腰」対応 | 話題ネタの情報仕入サイト


テーマ:未分類

—————————————————————–
大手SNS完全対応自動集客ツール/無料

—————————————————————–

 プロ野球・広島カープの加藤拓也投手(22)のインタビューの受け答えが「無愛想すぎる」として、インターネット上の野球ファンから批判の声が相次いでいる。

 加藤投手は、2017年3月20日に本拠地のマツダスタジアムで行われたオリックスとのオープン戦に先発として登板。問題となったのは、マウンドから降りた後に広島HOMEテレビのアナウンサーから受けたインタビューでの態度だった。

■「打席立ったなって感じしか無いんですけど」

 17年のドラフト1位ルーキーの加藤投手は、慶応義塾大学のエースとして活躍していた本格派ピッチャー。開幕ローテーション入りの期待も高く、前回登板の楽天とのオープン戦でも5回3安打1失点と結果を残していた。

 20日のオリックス戦では5回4安打2失点と試合を作る投球を見せた一方で、制球に課題を残した。要所でコントロールが乱れ、与えた四球は4つ。5イニングを投げ切るのに要した球数は102球にも及んだ。

 失点のきっかけも四球で出したランナーで、20日の登板は制球難による「自滅」に近い内容だった。そんなマウンドにフラストレーションを抱いていたのか、降板直後のダグアウトで行われたインタビューでの加藤投手はどこか苛立ちを隠せない様子だった。

 インタビューを担当した広島HOMEテレビの廣瀬隼也アナウンサー(33)の質問に対し、冒頭の1分ほどは口数が少ないながらもしっかりと受け答えしていた加藤投手。だが、本人が「課題が多かった」と振り返った登板結果についての質問が続くと、徐々に返答は無愛想になっていった。

 さらにインタビュー後半、広瀬アナから「正捕手の石原(慶幸)さんに球を受けて貰いましたが、どんな感想がありますか」と質問されると、

  「どんな感想?いや、とくに感想はないですけど」

と素っ気なく返答。また、今日の試合で打席に立ったことについての感想を求められた際も、

  「感想すか?打席立ったなって感じしか無いんですけど。感想?」

と半笑いで一言。広瀬アナが続けて「バッティングは好きな方ですか?」と聞いても、「別に好きじゃないです。ハイ」といかにも不機嫌そうに答えていた。

1/2ページ