日本仮想通貨情報センター

バイナンスコイン(BNB)所有で配当がもらえる!? | 仮想通貨の最新情報をお届けします!


テーマ:仮想通貨

 

 

Binance社はグローバルで

 

「仮想通貨取引所開設同盟計画」

をトライアル始動、この中でBNB
トークンの需要拡大が見込まれ、

トークン保有者への配当が行われる
可能性が示唆されました。

 

 

ちなみに、FcoinにもBNBが上場
していますね。

 

 

つまり、こちらは配当でBNBが
もらえるという事になります。
今後の展開が非常に楽しみです。

 

 

■バイナンスが仮想通貨取引所開設同盟計画を始動

 

日本時間6/21 (木) 夜21:30時、
Binance社はグローバルで

「仮想通貨取引所開設同盟計画」

をトライアル始動したことを、
中国のFacebookと呼ばれる「Weibo」
でBinanceが発表しました。

 

 

同盟企画に参加したメンバーは、

「スナップショット・コールド/
ホットウォレット・アセット決済
システム・多言語サポート・KYCと
AMLのシステム施行経験データ」

といったバイナンスのシステム
サポートを利用することができます。

 

 

 

参加メンバーは、「ドメイン名・
ロゴ・運営体制・マネジメントと
マーケティング」の確保・準備を
行えば、Binance社が「開発・運営と
保守」といった一体化ソリューション
とBinanceの流動性分析等を提供します。

 

 

 

今回の企画は、定員は1000チームと
なり、チーム毎に10万枚のBNB

(投票用や利子用のロックを除き)

をロックさせれば、申し込みが可能と
なります。

現在のレートでは、約1.84億円のBNB
トークンが必要となります。

世界中のブロックチェーン開発チーム
も対象となり、中から運営経験や業界
影響力を持つチームと同盟を結成次第、
最初の同盟取引所を開設します。

 

 

 

■同盟取引所について

同盟取引所は、多種の取引ペアを
サポートし、最初の1000チームは独自の
取引所プラットフォームトークンの
運営システムを採用できます。

 

 

 

■具体例

独自プラットフォームトークンの発行を
サポートし、その中の51%はマイニング
(取引)、49%は発行用(25%は運営チーム
に、24%はBNB所有者に配布)となります。

 

 

 

■マイニング(取引)

同盟取引所で取引が行われると、毎日
ユーザーに無料配布が行われます。

一時間毎に、取引所で発生した取引手数料
を200%でプラットフォームトークンに変換
され、変換率はその一時間以内でのプラット
フォームトークンの平均価格 (総取引量/総取引高)。

1日の累計日本時間の毎朝1時に行われ、
翌日に前日の累計されたトークンをユーザー
に配布します。

 

 

 

■取引手数料

別枠として、取引所の手数料が、BNB所有者に
対して、その100%を配当として配布されます。
(マイニング(取引)された分と発行した分だけ
配布される)

 

 

■発行分(49%)

同盟取引所は、発行トークンの凍結を行い、
マイニング(取引)されると同時にリリース
する仕組みを構築します。