日本仮想通貨情報センター

CBOEがSECへ新たにビットコインETFライセンス申請 | 仮想通貨の最新情報をお届けします!


テーマ:仮想通貨

SEC(米国証券取引委員会)が先月BTCと
ETHに対して、「有価証券として規制しない」
との立場を示した中、CBOEが提出した新たな
ビットコインETFに関する申請が通るのかが
注目を集めている。

 

 

シカゴオプション取引所(以下CBOE)は
6月26日に、新たにVanEck SolidX Bitcoin
Trustが提案したETF商品の提供を申請する
書簡を米国証券取引委員会に提出しました。

 

 

 
書類の詳細によれば、同提案はSolidX
Bitcoinのシェアだけが取引対象となり、
1 シェア=25 BTCという格好です。

 

 

SolidXは以前にも2回、証券取引委員会に
BTCのETF商品申請を「仮想通貨市場が完全に
規制なしの状態にある」との規制違反で却下
されていました。

 

 

しかし同委員会は6月8日にBTC、6月15日に
ETHが有価証券に該当しない為、
「規制しない」と明言したことにより、
今回は申請の目途はようやく見えてくると
思われます。

 

 
仮に申請が認可されても、2019年の
第一四半期までにはそのETFは市場に
出ないとのことです。

 

 
また、証券取引委員会がBTCとETHが
有価証券の該当性はないことを発表
しましたが、XRPが有価証券であるか
の問題やその他の多くのアルトコイン
に対する立場は、依然として規制される
可能性が高いというのが現状です。

 

 
仮想通貨の避難港と称され、
関連する事業を育成するために今月4日に
3つの新たな法律を導入したマルタ共和国
と比べると、米国の仮想通貨に対する
規制措置や法的定義の進歩はかなり落後
していると考えられます。

 

 
CoinPostより引用