日本仮想通貨情報センター

暴落続きの仮想通貨チャートが「4年前」とほぼ一致:復活の予兆はあるのか | 仮想通貨の最新情報をお届けします!


テーマ:仮想通貨

2014年に現在と同規模の大幅下落に
見舞われた際は、その後大きな反発
を見せ、見事なまでの価格上昇を見
せている。

 

 

 

 

4年前は、266日間で86%の下落幅
となっており、今回が252日間で
85%の下落幅と似通った価格推移
となっており、相場が落ち着いた
後の価格上昇が期待されている。

 

 

 

 

ブロックチェーン技術の実用化
・浸透が拡大していけば、仮想
通貨価格も必然的に上昇していく
と考えられるが、現在は2017年の
バブルから抜けて、ちょうどこの
技術浸透を伴う価格安定の時期に
入ってきていると考える人も多い
ようだ。

 

 

 

 

同じような話題としては、イーサリ
アム共同創業者Vitalik Buterin氏の
「ブロックチェーン技術はすでに一定
の認知拡大を見せ、今後1000倍もの速度
で拡大するということはないだろう」
というツイートに対し、同Joseph Lubin氏が
ブロックチェーンは今後数十年単位で
各種産業に影響を与えていく技術であり
今はまだその入り口にいるに過ぎない
と反論していた。

 

 

 

CoinPostより引用