日本仮想通貨情報センター

仮想通貨 | 仮想通貨の最新情報をお届けします!


テーマ:仮想通貨

 

 

Binance社はグローバルで

 

「仮想通貨取引所開設同盟計画」

をトライアル始動、この中でBNB
トークンの需要拡大が見込まれ、

トークン保有者への配当が行われる
可能性が示唆されました。

 

 

ちなみに、FcoinにもBNBが上場
していますね。

 

 

つまり、こちらは配当でBNBが
もらえるという事になります。
今後の展開が非常に楽しみです。

 

 

■バイナンスが仮想通貨取引所開設同盟計画を始動

 

日本時間6/21 (木) 夜21:30時、
Binance社はグローバルで

「仮想通貨取引所開設同盟計画」

をトライアル始動したことを、
中国のFacebookと呼ばれる「Weibo」
でBinanceが発表しました。

 

 

同盟企画に参加したメンバーは、

「スナップショット・コールド/
ホットウォレット・アセット決済
システム・多言語サポート・KYCと
AMLのシステム施行経験データ」

といったバイナンスのシステム
サポートを利用することができます。

 

 

 

参加メンバーは、「ドメイン名・
ロゴ・運営体制・マネジメントと
マーケティング」の確保・準備を
行えば、Binance社が「開発・運営と
保守」といった一体化ソリューション
とBinanceの流動性分析等を提供します。

 

 

 

今回の企画は、定員は1000チームと
なり、チーム毎に10万枚のBNB

(投票用や利子用のロックを除き)

をロックさせれば、申し込みが可能と
なります。

現在のレートでは、約1.84億円のBNB
トークンが必要となります。

世界中のブロックチェーン開発チーム
も対象となり、中から運営経験や業界
影響力を持つチームと同盟を結成次第、
最初の同盟取引所を開設します。

 

 

 

■同盟取引所について

同盟取引所は、多種の取引ペアを
サポートし、最初の1000チームは独自の
取引所プラットフォームトークンの
運営システムを採用できます。

 

 

 

■具体例

独自プラットフォームトークンの発行を
サポートし、その中の51%はマイニング
(取引)、49%は発行用(25%は運営チーム
に、24%はBNB所有者に配布)となります。

 

 

 

■マイニング(取引)

同盟取引所で取引が行われると、毎日
ユーザーに無料配布が行われます。

一時間毎に、取引所で発生した取引手数料
を200%でプラットフォームトークンに変換
され、変換率はその一時間以内でのプラット
フォームトークンの平均価格 (総取引量/総取引高)。

1日の累計日本時間の毎朝1時に行われ、
翌日に前日の累計されたトークンをユーザー
に配布します。

 

 

 

■取引手数料

別枠として、取引所の手数料が、BNB所有者に
対して、その100%を配当として配布されます。
(マイニング(取引)された分と発行した分だけ
配布される)

 

 

■発行分(49%)

同盟取引所は、発行トークンの凍結を行い、
マイニング(取引)されると同時にリリース
する仕組みを構築します。


テーマ:仮想通貨

金融庁認定の自主規制団体を目指す
日本仮想通貨交換業協会(JVCEA)が、
自主規制ルール案をまとめたことが18日に
分かった。

 

 

仮想通貨交換業者の役員らに対し、事前に
入手した情報による不公正な取引などを
禁止する。

 

 

日経新聞が同日伝えた。

 
日経によると、交換業者の役員に加え、
株主、それらの配偶者や同居人、仮想
通貨の発生・移転の記録者を内部関係者
として、不正な取引を禁止する。

 

 

 

金商法上のインサイダー取引の対象外
ではあるが、自主規制により不適正な
取引を未然に防止する。

 

 

具体的な罰則は今後詰める。

 

 

 

自主規制案にはこのほか、仮想通貨の
取り扱いに関するルールも定めている。
マネーロンダリング(資金洗浄)やテロ
資金供与に利用される恐れのある通貨、
追跡が難しい通貨の取り扱いを禁止する。

 

 

 

モネロなどが取り扱えなくなると
見られている。

 

27日のJVCEA総会で自主規制案を
示す見通し。金融庁による自主規制団体
の認定が出次第、適用を始める。

 

 

 

仮想通貨業界は、日本ブロックチェーン
協会(JBA)と日本仮想通貨事業者協会
(JCBA)の対立する2つの業界団体が
併存してきたが、今年1月末のネム流出
事件を受け、3月に統一的な業界活動を
行うJVCEAが発足した。

 

 

 

 

 


テーマ:仮想通貨


 

東ヨーロッパに位置するウクライナにて、
少なくとも6つの詐欺仮想通貨取引所サイト

 
moneycraft.info
swapex.net
myexchanger.lv
iconvex.net
likechange.biz
and wowex.online

 

 
を運営していたとみられる20~26歳の
容疑者4名が、ウクライナ警察の
「サイバー犯罪専門チーム」に
よって逮捕されました。

 

 

 

すでに家宅捜索も行われており、
フラッシュドライブなど犯罪に使用
されていたコンピューター機器、
携帯電話やキャッシュカードなどが
押収されています。

 

 

ウクライナ警察は、公式サイトで
以下のように言及しました。
今回の犯罪者グループは、4人で
構成されている

 

 

容疑者は、プログラミング分野における
優れた知識とスキルを有しており、

取引所を管理するため独自のコンテンツ
管理システムまで開発されていた。

 

 

サイトを利用した被害者は、「偽装された
デジタルウォレットに送金されるよう
促された」と主張しています。

 

 

 

運営側は、ある程度の資金を集めること
に成功すると、そのサイトを閉鎖し、
また新たな偽サイトを作成していたと
されています。

 

 

各サイトは、複数通貨に対応するなど、
正規の取引所に似せられて作成されて
おり、架空のレビューまで掲載されて
いたことから、実に巧妙な手口であった
と言えるでしょう。

 

 

 

今回摘発されたのは6つのウェブサイト
のみですが、他にもオンライン上には、
無数の仮想通貨詐欺サイトがあると
されており、ウクライナ警察は
”注意勧告”を行っています。

 

 

なお最新の報告によると、ウクライナ
の3つの主要取引所、Exmo、Kuna、BTC、
Trade UAにおける売上高/日は、200万
ドル相当(年間7億ドル相当)に達する
とされています。

 

 

また、「Green Book:Cryptocurrency
Market Regulation」という新しい
レポートによると、ウクライナの
仮想通貨利用者数は、世界トップ10に
ランクイン。

 

 

 

ICOやマイニングも盛んに行われるなど、
仮想通貨関連事業が活発な国として
存在感を強めています。

 

 

 

各国で横行する仮想通貨詐欺
このような仮想通貨取引所詐欺サイトは、
ウクライナだけに留まらず、

 

 

過去にも、BinanceやHitBTCのような
世界有数の仮想通貨取引所のフィッシング
サイト(精巧に作られた偽サイト)も
報告されており、多くの人々が、

 

 

ログインIDやパスワードをフィッシング
サイトで入力してしまい、自身の資産が
盗まれてしまうような被害が出ています。

 

 

 

実際、日本だけでも、2017年に仮想通貨
関連の不正送金被害は「149件」報告
されており、その被害総額は、約6億円に
上ると警察庁が報告しました。

 
フィッシングサイトの特徴としては、
Google検索の際に、

 

”広告”の部分に表示されることが多い
URLが微妙に異なる保護された通信でない
といったものが挙げられ、
対策として、公式サイトをあらかじめ
ブックマーク登録しておく、SSL認証
(緑色のアドレスバー)の有無と
セキュリティレベルのチェック、2段階
認証を設定する、などの対策が必要
不可欠であると言えるでしょう。

 

 

 

 

アメリカ、カナダによる仮想通貨詐欺
プロジェクトを一掃しようとする
”Operation Cryptosweep”など、
国家規模での仮想通貨詐欺への対抗も
始まってきてはいますが、

 

 

その取り組みは未だ不完全であり、各個人
が自分の資産を守るために、細心の注意を
払っていくべきであると考えられています。

 

 

 

 


テーマ:仮想通貨

今すぐ動画で見る

 

 
指定暴力団は全国に24団体あるが、
山口組系3派は全国に名の通った
暴力団といえる。

 

 

 

■オモテが陰ればウラも陰る
国民の消費が減っている時代、彼らは
何を資金源にしているのか。
組長など上層部だけは傘下組員による
月会費(上納金)で富裕な生活を送れて
いる。
前々から上層部の周りにはヤクザが
「社長」、「ダンベエ」などと呼ぶ中小
企業の経営者や、料飲店、風俗店、
パチンコホールなどのオーナーが取り巻
いている。
彼らは芸能人やスポーツ選手の後援者と
同様、スポンサーとしてスター・ヤクザを
育ててきた。
ところが今はヤクザに金を出したくても、
出せない事情がある。
1つは全国で施行されている暴力団排除
条例で暴力団への「利益供与が禁止」
されたからだ。
違反すれば暴力団の名ばかりか、自分の
企業名まで公表される。

 

さらに企業に対する税務調査が強化され、
「遊び金」が捻出しにくくなった。
ヤクザに対して金融機関を利用する振込
は成立しない。
後に証拠を残すからだ。
渡すのは現金と決まっているが、この現金
のひねり出しが難しい。

 

 

税務上、「損金」扱いできれば出しや
すいが、現金渡しでは名目が立たず損金
にしにくい。
よってヤクザに流入する資金量が細って
いる。
ただ「伝統的資金源」とされる覚醒剤の
密輸入と密売だけは辛うじて利益が見込める。
「今、財布に50万円も入れているのは
覚醒剤に触っているヤクザだけ」
といわれるほどだ。
■カタギには怖くてカネは貸せない
日本の覚醒剤の流通はほぼ100%暴力団が
仕切っている。
彼らは外国人が密輸した覚醒剤でも
お構いなく流通を一手に引き受けている。
所属団体の枠にとらわれず、「荷」を
組織横断的に融通し合って密売のネット
ワークに乗せているのだ。
もちろん表向きは山口組も組員に対して
覚醒剤に触ることを禁じている。
だが、近年は「個人使用はダメだが、
シノギにする分には目をつぶる」程度に
軟化している。
背に腹は代えられないからだ。
同じく「伝統的シノギ」とされる賭博では、
インターネットカジノや闇カジノがまあまあ
という。
ネットカジノでは従来、代理店の関係で
山健組(神戸山口組)と弘道会(六代目
山口組)が強いとされている。
他の野球賭博や競輪・競馬のノミ行為、
賭場の開帳などはほとんど死語に等しく
なった。
野球賭博などでは携帯電話やスマホで
注文を受けるため、賭け金の集金が難しく、
取りはぐれが増えている。
同じ理由で高利の金貸し(マチ金や
ヤミ金)も貸し倒れが多く、

 

彼らの間では「ちょっと追い込みを
きつくすると、奴らは警察に駆け込む。

 

 

 

怖くてカタギに金は貸せない」といわれる。

 

 

建設関係では解体業や人材派遣、前捌き
などにわずかに商機が残るが、下請けや
孫請けからは暴排条例の影響でおおよそ
排除されている。
10年ほど前から暴力団に入らない犯罪
グループ、半グレ集団が増えてきた。
彼らはヤクザに近づけば毟られるだけと
心得、暴力団と一線を画して来たが、
半グレの中には暴力団にケツモチ(後見)
を頼むリーダー層もいる。
■「億り人」になったヤクザも
総じてITやスマホなどを使った新しいシノギ
を見つけ出すのは半グレが得意である。
例えばオレオレ詐欺や危険ドラッグの製造・
販売、金塊の海外買付・密輸入、ビット
コインなど仮想通貨の販売などは全て
半グレの創建になる。
彼らは高齢化が著しい暴力団とちがって
年齢も若く、ITに習熟し、海外からの情報、
もうけ手法の入手も早い。
近年、暴力団もこれらの新シノギを半グレ
に習い、あるいは半グレを傘下に加えて
参入する例がある。
ごく少数だが、ビットコインで「億り人」
(1億円以上の利益)になったヤクザもいる。
だが、半グレによる新シノギの創出も
このところ頭打ちで、金塊密輸の次に続く
シノギが出て来ない。
当然、暴力団の側にも率のいい新シノギが
なく、総じていいダンベエがいないか、
各派とも血まなこで探している。

 

 

資金力の差は当然、3派の消長に関わる。
一番資金に恵まれているのは六代目山口組、
2番目は神戸山口組、末席が任侠山口組、と
見るのは衆目が一致していよう。
分裂前、六代目山口組は上納金の高さで
知られ、100人前後いる直系組長たちから
1人当たり月100万円前後を集金していた。
神戸山口組はこれを批判して叛旗を翻し、
自派の上納金は月10~30万円と定めた。
が、傘下の山健組だけは別枠で「登録料」を
徴収、抱える組員1人当たり月1万円
(子分20人を抱えていれば月20万円)
を徴収していた。
任侠山口組は神戸山口組を旗揚げした
大義がなくなると、若手を中心に「神戸」
を割って出て「任侠」を創建、月会費は
一律5万円と定めた。

 

 

 

■「金がなくても続けられる」組織目指す任侠
こうした月会費だけを見ても、任侠が低額
なのは自明だが、その上に過去の資金蓄積
の差、組織についている社長やダンベエの
差がある。
ひとことでいえば、六代目山口組は金持ちで、
任侠は貧しい。
あえて任侠の優位点を挙げれば、他の2派
より若手が多く、リーダー層で比べれば、
20歳は年齢差があることである。
10年後を考えれば、六代目、神戸とも80代、
任侠はようやく60代だから、将来的に任侠
の余命が長くなるのは自明だろう。
任侠は「金がなくてもヤクザを続けられる」
組織を目指し、上が下からのカネで食う事
を否定している。
織田絆誠は代表であって、他派のように組長
ではない。
親子盃をせず、組織は横並びを基本とする。
経費節減のため、他団体との交際はやりたい
者が行い、団体としては交際しない。
また半グレ集団が行っているオレオレ詐欺
などに対しては、「年寄りをだます行為は
男として胸を張れるシノギか」と問い半グレ
たちを善導しようとしている。
暴力団が抱える経済苦境を打開する方法の
1つとして、半グレの活用があるわけだが、

 

任侠は善導するつもりぐらいだから、
金儲けのツールとして半グレを考えていない。
ただ半グレたちの人気は高く、「ゲソを
つけたい」(入りたい)と訪ねる若者は
多いと聞く。
任侠はその多くを組員としてではなく、
半グレのまま別組織で受け入れる。
法律的に暴力団は不利益の固まりなのに対し、
半グレはほぼ一般人と同じに扱われる。

 

 

 

半グレがその優位さをわざわざ捨て去る
ことはないとの考えからという。

 

 

 

「3つの山口組」の帰趨は?

 

 

3派の対立は今後どう展開するか。

正直なところ判断は難しい。

 

 

 

おそらく六代目山口組の高山若頭が来秋
出所しても、効果的に他の2派を征圧、
あるいは再統合できないのではないか。
山口組の分裂は高山若頭が服役してから
始まったことであり、服役中に山口組と
ともに、背景となる時代も動いている。
辣腕で鳴った高山若頭だが、おそらく彼に
しても変化には対応できまい。
山口組3派は等しく沈下していくにしろ、
新時代の暴力団を模索していることは間違い
ないからだ。

 
itmediaビジネスより引用


テーマ:仮想通貨

 

裁判所が仮想通貨口座の資金の
差し押さえ命令を出したのに仮想
通貨交換会社が

 

 

「技術的に困難」として対応せず、

 

 

強制執行できない状態になる事例が
あったことが6月13日判明しました。

 

 

 

仮想通貨を確実に強制執行する
仕組みは未整備で、専門家は
「差し押さえ逃れや資産隠しに
悪用される恐れもある。

 

 

対策が必要だ」と指摘している。

 

 

差し押さえを申し立てたのは70代の女性。

 

代理人の藤井裕子弁護士によると、

 

 

2016年5月、埼玉県内の業者から

「転売すれば利益が出る」と勧誘され、

約50万円相当の仮想通貨を相場の30倍
の1500万円で購入させられる消費者
トラブルに遭った。

 

 

業者側と購入代金の返還で和解したが、
支払いが停止。

 

 
未返済の約1300万円を回収するため、
業者の代表者名義の仮想通貨
「リップル」の口座に当たる
「ウォレット」内の債権差し押さえ
を申し立て、さいたま地裁が17年
7月と18年4月、2回にわたり命令
を出した。

 

 

 
だが交換会社は「ウォレットは当社で
管理していない。技術上、二重払いの
危険があり、返還できない」と主張。

 

 

 
交換会社側ではウォレットの凍結は
できず、交換会社が被害金を代わりに
支払った場合、業者側から回収できず
に損失を被る恐れがあるなどと説明し、
対応を見送ったという。

 

 
被害者側は資金を回収できない状態が
続いており、藤井弁護士は「交換会社側が
強制執行に応じなければ、被害救済が
難しくなる」と問題視している。

 

 

 
この交換会社は日本経済新聞の取材に対し
「顧問弁護士と協議し、弁済に法的な問題
があることが判明した。

 

 

 

債権者への支払いはしていない」とコメント。

 

 
同社は18年3月に福岡財務局から業務改善
命令を受け、その後、改正資金決済法に
基づく仮想通貨交換業の登録申請を取り
下げる方針を明らかにした。

 

 
仮想通貨に詳しい麗沢大の中島真志教授
(金融論)は「管理者のいない仮想通貨は
公権力による差し押さえなどを想定して
いない。

 

 

 
技術的にも確実な強制執行を担保するのは
不可能だ」と指摘。

 

 

 

 

マネーロンダリングや資産隠しなどの
温床になりかねないとして「現状では健全
な金融取引になじまない。

 

 
せめて交換会社が預かり金などを凍結
できるような法整備やルールづくりが
不可欠だ」と話している。

 

 
■差し押さえに応じる会社も
仮想通貨に対する強制執行に応じている
交換会社もある。

 

 
仮想通貨交換会社大手のGMOコインは
「裁判所や税務当局からの顧客口座の差し
押さえ要請に応じた事例は数件ある」と説明。

 

 
契約時の約款に「差し押さえの申し立て
を受けた場合、サービスの利用を停止、
解約できる」と明記しており、日本円に
換金した上で、指定口座に送金する手続き
をとるという。

 

 

 
同大手のビットフライヤーも「差し押さえ
命令を受けた事例は過去に数件ある」と回答。
技術的には凍結は可能と説明したが、命令に
どう対応したかは「機密情報で答えられない」
とした。

 

 
また仮想通貨は個人のパソコンや印刷物に
保管することも可能。

 

 
こうした交換会社を介さない「タンス仮想
通貨」の場合、所有者がアドレスや秘密キー
を明かさない限り、技術上、送金や換金は
できない。

 

 

 
税務当局も対応に苦慮する。

 

 
税金を滞納した場合の差し押さえは仮想
通貨も対象となる。

 

 

滞納者が交換会社を
使っていなければ仮想通貨を無断で換金
したり、送金されたりする恐れがある。

 

 
「差し押さえの実効性に課題がある」

 
(国税関係者)のが実情だ。

 

 

 

 


テーマ:仮想通貨


 

 

BINANCE(バイナンス)が新仮想通貨ペアを導入

 

 

■バイナンスが今年中にもユーロ/仮想通貨ペアを導入へ

■今後更に他のフィアットを導入する可能性も有り

■同取引所では初のフィアット/仮想通貨ペアである

 

 

世界最大級の仮想通貨取引所バイナンスが
、フィアット(法定通貨)/仮想通貨ペアを
今年中にも導入する方針であることが
米ブルームバーグによるインタビューで
明らかになりました。

 

 

バイナンスは今年中にユーロの預入・引出し
・取引を導入するとのことで、同取引所CEO
のChangpeng Zhao氏は今後更に他のフィアッ
ト/仮想通貨ペアの導入も計画していること
も明かしました。

 

 

同取引所ではこれまでフィアット/仮想通貨
ペアは存在しておらず、USドルとペグされた
仮想通貨・USDT(テザー)と他の仮想通貨の
ペアのみが取引可能となっていました。

 

 

 

バイナンスは今年三月にマルタへの拠点移転
を発表しており、今回のユーロペアの導入が
ヨーロッパ圏での更なる市場拡大を促すもの
とみられます。

 

 

同取引所はイギリス王属領のチャネル諸島で
の仮想通貨交換業認可も間近に控えている上、
台湾などでも関連機関と交渉を進めていると
のことで、企業の国際展開の様子が伺えます。

 

 

 


テーマ:仮想通貨

 

FCoin仮想通貨取引所新規登録はコチラ
FcoinToken(FT)は現在大注目の
仮想通貨取引所Fcoinの取引所独自通貨です。

 

一時的に価格が20倍まで上がり
(2018年6月6日時点)話題になったので
ご存知のかたも多いと思います。

 

 

こちらの記事では「Fcoin(エフコイン)」
の独自通貨FcoinToken(エフコイントークン
/FTトークン)について解説します。

 

 

エフコイントークンの基本情報や特徴、
価格推移などを丁寧に解説していきます。

 

 

Fcoinの詳細についてはこちらの記事で解説してます

 

 

 

FCoinToken(FTトークン:エフコイントークン)の概要

 

FCoinToken(エフコイントークン:FT)は、
仮想通貨取引所のFcoinが発行する取引所の
独自通貨で、FcoinToken保有者に取引所利益
の配当や取引所運営の意思決定権・選挙権
などの株式のような仕組みがある通貨です。

 

 

取引所のFcoinは一時的に世界5位の取引量を
誇るBitfinexを抜き、取引量世界5位にまで
急進しています。

 

 

β版にもかかわらずこの取引量は異常です。

 

 

取引量が増えるほどFTの価値も上がります。

 

 

FCoinToken(FTトークン:エフコイントークン)の特徴・用途・使い道

 

FcoinToken(FTトークン:エフコイントークン)
には保有者有利に働く特徴が用いられており、
保有者には大きく3つのメリットがあります。

 

メリットについて1つずつ解説してきます。

 

 

1.取引所収益の80%をFT保有者に毎日配当

FcoinToken保有者にはFcoinの取引所収入の
80%が毎日分配されます。

配当される通貨は取引手数料として支払われた
通貨が元となります。

USDTでETHを購入すると0.1%のUSDTの取引
手数料が貯蓄され、翌日に貯蓄されたUSDT
手数料の80%が配当されます。

そのため取引ペアが増えるほど受取る通貨
も増えることになります。

配当予定のプールされている各種通貨は
こちらで確認できます。

 

 

2.Fcoinプラットフォームへの意思決定権

FCoinToken保有者はスマートコントラクト
機能を活用して、Fcoinプラットフォームの
日常業務における意思決定に参加できます。

ビジネス上の決定には分配比率、取引手数料
および取引関連事項が含まれますが、その他
事項のビジネスにも投票することができるようになります。

例えば、取引手数料を下げることでより多くの
ユーザーにFcoinを利用してもらおうなどに
投票する機会があるかもしれません。

 

 

3.Fcoinコミュニティへの選挙権と監督権

FCoinコミュニティ委員は限られた期間で選出されます。

FT保有者はFcoinコミュニティ委員会の選挙に参加したり、

Fcoinプラットフォームの透明性を監督したり、委員会

メンバーにデューデリジェンスを行うことができます。

これまでは通常の取引所通貨では取引所運営に携わる

ことができませんでしたが、FcoinToken保有者は

コミュニティ委員として運営に参加ができますし、

正しく取引所が運営されているか監督することもできます。

 

 

これまでの取引所通貨とは全く性質が異なる通貨です。

通貨より株式に近いですね。

 

 

上記3つの特徴以外にも、ユーザーの
支払い取引手数料の50%をFTとして還元
などこれまでの取引所通貨と全く異なる
仕組みが多いです。

 

 

あいれこ経由でFcoinに登録した場合は
取引手数料の100%がFTとして還元されます。
(通常は50%)

 

 

まだ口座開設していない方はこの機会に
登録をおすすめします。

FCoin仮想通貨取引所新規登録はコチラ


テーマ:仮想通貨

 

利益を追求しているノアコインホルダー
の方へ朗報です。

 

6月12日は何の日かご存知でしょうか?

 

6月12日はフィリピンの建国記念日です。
その、フィリピンの建国記念日に合わせて
ノアコインが大きく動きます。

 

あの大手取引所BINANCE(バイナンス)へと
上場する可能性が極めて高いです。

 

運営関係者としては、フィリピン建国記念日
に10円、2018年内には100円という金額を
目指すという。

 

このノアコインは最初の頃、プロモーション
が派手に始まった事もあり、詐欺コインと
言われている側面もあるので、信じてない人
や持ってない人も多いでしょう。

 

しかし、このノアプロジェクトは私達が考える
以上に恐ろしいぐらいに計画されたプロジェクト
なのです。

 

何も材料がないのに、価格が上がったり、
下がったりしているのも全て計画であると
いえるのです。

 

 

そして今回、6月12日のBINANCE(バイナンス)
上場だけに留まらず、同時にすごい事が起きる
ので、そちらも合わせて注目しておくとよい
かもしれませんね。